ロボット

警備ロボットugo

\警備ロボット「ugo」の活用メリット/
  • ロボットならではの存在感
    :挨拶などの声がけや顔ディスプレイの文字表示など監視カメラとは違う存在感があります。
  • 遠隔からの声がけも可能
    :マイクとスピーカーを利用して防災センター内の警備員からの声掛けや会話も可能です。
  • 上下階への移動
    :腕アームを利用してエレベーターに乗る動作を自律的に行うことが可能です。
  • 対面でのリスクを回避
    :コロナ禍などのパンデミック時には、警備員の対面対応を減らし感染リスクを軽減します。

警備ロボット「ugo」の特徴

人に親近感を抱かせるデザイン

施設に違和感なく溶け込むデザインです。
人を検知して自動で挨拶することができ、警備員からの声がけはもちろん、定型文以外にもテキスト入力で8カ国の言語に対応しています。
顔ディスプレイに「警備中」などの文字を表示させたり敬礼などの腕アーム動作も可能です。
商業施設などでは話題性も上がり、集客に一役買う効果も期待できます。

エレベーターを利用してのフロア移動

腕アームを利用してボタンを押し、エレベーターに乗る動作を自律的に行うことが可能です。
特別なセンサーなどをエレベーターに装備しなくても、上下階のフロアへ移動して巡回を行うことができます。片腕でセキュリティカードをかざし、もう片方の腕でエレベーターのボタンを押すことも可能なため、セキュリティフロアに入ることもできます。エレベーターを利用したフロア移動により、巡回・点検などの業務で警備ロボットの活用範囲が格段に広がります。

施設にマッチした巡回設定が可能

自動化プラグラムのFlow巡回と、経路生成するMap巡回を選ぶことができ、施設に合わせた巡回設定が可能です。自動化の際も周囲の安全確認など人が目視で判断する必要があるタイミングでは、一時停止して人による操作を要求することも可能です。

現場の業務をロボットに任せて自動化する仕組みです。自然言語の命令を順に並べていくだけで、ノーコードで自動化プログラムが出来上がります。

ロボットに搭載されたLiDARセンサーを用いて現場の地図(Map)を作成、その地図上にFlowで利用する経路や地点を設定することができます。

各部名称と機能

警備ロボット「ugo」 仕様表

サイズ 高さ180cm×幅44cm(肩幅)×奥行58㎝
重量 約54kg
通信方式 無線LAN / 4G-LTE / 5G
移動速度 1.5~2.5㎞/h
連続稼働時間 約4時間
充電方式 充電ステーション又は充電ボックス(オプション)

SNSでシェア

一覧に戻る